快適で楽しいドライブのために〜楽しく安全トコトコ運転〜

自家用車

痛車のカッティング

ワンポイント活用です

乗り物

痛車のカッティングに関して現在取り組みやトレンドとして、小さいワンポイントして痛車のカッティングを行うことが多いです。大規模に行うと対応している業者や費用が高額になるためです。また、痛車から通常の自動車に戻すことも難しくなるため、ワンポイントでのカッティングが人気です。 ワンポイントのカッティングでも特に人気があるのは、カラフルな物よりもモノクロの活用が多いです。通常の運転の時にカラフルな痛車だと目立つのに抵抗を持つ方が多く、デザインを変えたりしたい時には剥がす手間がモノクロに比べると車体を磨くのに時間が掛かったりするので、気軽に楽しむ場合には、モノクロでワンポイントとして利用するのがトレンドとなっています。

普及が広がります

今後の痛車のカッティングについての予測は、これまではいわゆるアニメオタクといった方が楽しむようなイメージでしたが、これからは手軽に普通の人でも楽しめることが増えると考えられます。 更に使えるシーンもこれまでは自動車ショーやアニメのイベントなど限定的で、企業などが広告の一つとして活用するイメージが強かったです。これは痛車にするには費用が高額で、個人では気軽に楽しむことができませんでしたが、印刷技術の発達により価格が抑えられることによって、運転する気分によって車体のデザインを変えられたりと気軽に楽しむことができることが考えられます。 すでに自動車メーカーでは、まだ限定販売ですが痛車の販売を行ったりと、普及に向けた取り組みが行われているので、今後は広まることが予測されます。